お茶の水

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏

    【第14回】お茶の水と川崎展宏広渡敬雄(「沖」「塔の会」)お茶の水は、東京都千代田区駿河台を中心とした一帯の地名。この地の北側の高林寺の境内に名水が湧き、将軍家御用のお茶の水に使われたのが、地名の由来で、現在JR御…

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  2. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  3. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  4. 【新年の季語】三が日
  5. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

Pickup記事

  1. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  2. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  3. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  4. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  5. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
PAGE TOP