まみれる

  1. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子

    嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計)赤尾兜子赤尾兜子と言えば、〈音樂漂う岸浸しゆく蛇の飢〉がもっとも有名である。兜子が創刊した渦俳句会が出版した「鑑賞赤尾兜子百句」(平成6年刊行)は、阿波野青畝をは…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  2. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  4. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  5. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】

Pickup記事

  1. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  2. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  3. 【春の季語】彼岸
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  5. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
PAGE TOP