1. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子

    嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計)赤尾兜子赤尾兜子と言えば、〈音樂漂う岸浸しゆく蛇の飢〉がもっとも有名である。兜子が創刊した渦俳句会が出版した「鑑賞赤尾兜子百句」(平成6年刊行)は、阿波野青畝をは…

おすすめ記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  3. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  4. 【新年の季語】繭玉
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二

Pickup記事

  1. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  2. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  3. 【夏の季語】サングラス
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月6日配信分】
  5. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
PAGE TOP