週刊俳句

  1. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

    指は一粒回してはづす夜の葡萄上田信治少人数で泊りがけの吟行に出かけたことがあった。今よりももう少し秋が深まっていた頃だ。夕食が済み、いよいよ部屋に集まっての句会。テーブルにお酒やおつまみ、お菓子を広…

おすすめ記事

  1. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  2. 【春の季語】雛人形
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  5. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明

Pickup記事

  1. 【春の季語】立春
  2. 【冬の季語】冬桜
  3. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  4. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
  5. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
PAGE TOP