1935年

  1. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

    川を見るバナナの皮は手より落ち高濱虚子初出は、1935年でこれにより「バナナ」が夏の季題となった。とてつもなく有名な句だが案外、この句の「川」と「皮」が同音意義語であることに触れた鑑賞というのは、少…

おすすめ記事

  1. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  2. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  3. 【連載】俳人のホンダナ!#2 小谷由果
  4. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  5. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】

Pickup記事

  1. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  2. 【春の季語】鷹鳩と化す
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月29日配信分】
  5. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
PAGE TOP