寒の内

  1. 【冬の季語】寒の内

    【冬の季語=晩冬(1月)】寒の内太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「寒の内」と呼ばれる。「寒の内」の晴れた日は「寒晴」。雨の日は「寒の…

  2. 【冬の季語】寒

    【冬の季語=晩冬(1月)】寒太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒…

おすすめ記事

  1. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  2. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
  3. 【冬の季語】忘年
  4. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】
  5. 【#27】約48万字の本作りと体力

Pickup記事

  1. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  2. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  4. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  5. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
PAGE TOP