暮らす

  1. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】

    かゝる世もありと暮しぬ春炬燵松尾いはほ(まつお・いわお)頼みますよ、いくらなんでも寒すぎましたよ、水曜とか(これを書いている日です)。やる気なくなっちゃうですよ、せっかく週末に八王子城を踏破して、す…

  2. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼

    夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた中塚一碧楼先週…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  2. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  4. 【冬の季語】歳晩
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦

Pickup記事

  1. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  2. 【春の季語】卒業
  3. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  4. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  5. 【春の季語】鳥の妻恋
PAGE TOP