1906年生まれ

  1. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】

    鍋物に火のまはり来し時雨かな鈴木真砂女 今週に入ってだいぶ気温が下がってきた。そして、鍋のうまい季節が到来した。最近、我が家でブームなのは、有名ラーメン店が監修した鍋スープである。たとえば、麺屋武蔵…

  2. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】

    香水の一滴づつにかくも減る)山口波津女 7年前の夏、京都に…

おすすめ記事

  1. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  2. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  3. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽

Pickup記事

  1. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  3. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  4. 【秋の季語】立秋
  5. 【夏の季語】夏の月
PAGE TOP