1948年生まれ

  1. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】

    かんぱちも乗せて離島の連絡船西池みどり島へ向かう一日数本の連絡船には、人以外の物資も載せられる。生活必需品にお酒やおもちゃ、誰かからの手紙だって運ばれることだろう。港で水揚げされたばかりの魚たちも、…

  2. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】

    鳥の恋いま白髪となる途中鳥居真里子(『鼬の姉妹』) 鳥の繁…

  3. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】

    きつかけはハンカチ借りしだけのこと須佐薫子(『復活』) 世…

おすすめ記事

  1. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  3. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子

Pickup記事

  1. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  2. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  3. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  4. 【新年の季語】餅花
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
PAGE TOP