1959年生まれ

  1. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】

    本の背は金の文字押し胡麻の花田中裕明結社誌『秋草』の中に、「よしきり句会抄」「春秋句会抄」という連載記事があった。前者は波多野爽波、後者は田中裕明の拾遺句を鑑賞するという内容であり、山口昭男主宰が執…

  2. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】

    虎の尾を一本持つて恋人来小林貴子(『北斗七星』) デートの…

  3. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】

    ぽつぺんを吹くたび変はる海の色藺草慶子(『新版角川俳句大歳時記 新年』)…

  4. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】

    結構違ふよ団栗の背くらべ小林貴子俳句の楽しみのひとつは、句…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  2. 【秋の季語】蛇穴に入る
  3. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  5. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】

Pickup記事

  1. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  2. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  4. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  5. 【冬の季語】忘年
PAGE TOP