2020年没

  1. 半夏蛸とは化けて出る蛸かとも 後藤比奈夫【季語=半夏(夏)】

    半夏蛸とは化けて出る蛸かとも後藤比奈夫7月最初のハイクノミカタである。今週は半夏生(はんげしょう)。半夏生とは、夏至から11日目、つまり7月2日頃にあたり、七十二候の一つとして、7月2日から6日まで…

  2. 鳥不意に人語を発す更衣 有馬朗人【季語=更衣(夏)】

    鳥不意に人語を発す更衣有馬朗人鳥は明らかに言葉を喋っている…

  3. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】

    マグダラのマリア恋しや芥子の花有馬朗人(『天為』) マグダ…

おすすめ記事

  1. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  2. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  3. 【冬の季語】白鳥
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  2. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  3. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  4. 初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎【季語=初花(春)】
  5. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
PAGE TOP