「双樹の会」

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】

    【第3回】写俳亭、伊丹三樹彦門下ではありませんし、お目にかかったのは一度ですが、自分にとっては伊丹先生とお呼びしたい存在でした。前回の「江東歳時記」の石田波郷は、それ以後特に写真と俳句を一緒…

おすすめ記事

  1. 月かげにみな美しき庭のもの 稲畑汀子【季語=月影(秋)】
  2. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  3. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  5. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】

Pickup記事

  1. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年3・4月分】
  4. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  5. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
PAGE TOP