「曲水」

  1. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】

    雁かへる方や白鷺城かたむく萩原麦草3月最後の金曜日である。今週は兵庫県姫路市に来ているが、生憎の冷たい雨である。気温は12℃ぐらいだが、もっと肌寒く感じる。桜の開花ももう少し先のようである。…

  2. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】

    菊人形たましひのなき匂かな)渡辺水巴 尊敬する先輩に『続・…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  2. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  5. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
  2. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  4. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  5. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】
PAGE TOP