「渋柿」

  1. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦

    秋櫻子の足あと【第6回】(全12回)谷岡健彦(「銀漢」同人)医学生時代の秋櫻子が、「ホトトギス」への投句を始める前に、しばらく松根東洋城が主宰する「渋柿」で俳句の手ほどきを受けていたことは、彼の句業…

おすすめ記事

  1. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  2. 【夏の季語】たかんな
  3. 【秋の季語】鵙の贄
  4. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン

Pickup記事

  1. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】
  2. 【春の季語】木の根明く
  3. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  4. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  5. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
PAGE TOP