あきざくら

  1. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】

    あきざくら咽喉に穴あく情死かな宇多喜代子(『りらの木』) 映画でもドラマでも自刃する時は、喉に短剣を突き立てるシーンが印象に残る。喉に思いっきり刃物を刺しても骨に当たるので、その横を流れる頸動脈を切…

おすすめ記事

  1. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  2. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  5. 【春の季語】白梅

Pickup記事

  1. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 
  2. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  4. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】
  5. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
PAGE TOP