しんしんと

  1. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】

    しんしんと寒さがたのし歩みゆく星野立子「寒さ」という一般にネガティブに思えることさえも「たのし」としてしまうというところに、「生」を肯定するような姿勢が思われる。また、この「たのし」は、絶妙な措辞の…

おすすめ記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  4. 【春の季語】朧
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  2. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  3. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  4. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  5. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 あつぱつぱ 半ズボン ショートパンツ
PAGE TOP