ところてん

  1. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】

    草田男やよもだ志向もところてん村上護(『其中つれづれ』2012年)村上護の忌日は6月29日。亡くなって8年が経とうとしている。山頭火の評伝『放浪の俳人 山頭火』が代表作だろう。世に山頭火に関する書物…

おすすめ記事

  1. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  2. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  4. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  5. 【夏の季語】蛇

Pickup記事

  1. ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ【季語=ラベンダー(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  3. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  4. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  5. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
PAGE TOP