なっちゃう

  1. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

    椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ池田澄子(『ゆく船』) 椿は、年末から咲き始める。木枯しの後の冬麗に咲く冬椿はあだ花のように場違いな横顔を晒す。年が明けて寒に咲く椿は、日差しの隙間より赤い唇を滴らす…

おすすめ記事

  1. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#01】「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  4. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  5. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】

Pickup記事

  1. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  2. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  3. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  5. メロン食ふたちまち湖を作りつつ 鈴木総史【季語=メロン(夏)】
PAGE TOP