ならず

  1. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】

    四月馬鹿ならず子に恋告げらるる山田弘子 母親にとって子供の恋の話は、複雑な思いが渦巻く。母親の後ばかり付けてきた子供が別の人を追いかけ、崇拝している。それが息子だとしたら応援したい気持ちがありつつも…

  2. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】

    わが畑もおそろかならず麦は穂に篠田悌二郎(秋桜子編「聖戦俳句集」1933年…

おすすめ記事

  1. 【第23回】新しい短歌をさがして/服部崇
  2. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】
  3. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  5. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】

Pickup記事

  1. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  2. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
  4. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  5. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
PAGE TOP