らる

  1. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】

    四月馬鹿ならず子に恋告げらるる山田弘子 母親にとって子供の恋の話は、複雑な思いが渦巻く。母親の後ばかり付けてきた子供が別の人を追いかけ、崇拝している。それが息子だとしたら応援したい気持ちがありつつも…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  2. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる
  4. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  5. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】

Pickup記事

  1. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  2. 【新年の季語】初詣
  3. 【冬の季語】冬の川
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  5. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
PAGE TOP