ウ音便

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

    菊食うて夜といふなめらかな川飯田晴先週、句集の手触りの話をしたけれど、もちろんどの句集にも手触りはあります。もっと踏み込むと、読み心地ともいえるかもしれません。編年体か、作者の思い入れのある…

おすすめ記事

  1. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
  2. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  3. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
  4. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子

Pickup記事

  1. 【冬の季語】煤逃
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  3. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  4. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  5. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
PAGE TOP