九堂夜想

  1. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビリティNegative capability」とは、英国ロマン派の夭折詩人ジョン・キーツが弟宛に送った手紙の一節にある言葉で、一般に「消極的…

  2. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

    水鳥の和音に還る手毬唄)吉村毬子(『手毬唄』))吉村毬子さ…

  3. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

    未生以前の石笛までも刎ねる)小野初江)掲句との出会いはおよ…

  4. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子

    回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア)豊口陽子(『藪姫』))その…

おすすめ記事

  1. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  2. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  3. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  4. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
  5. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】

Pickup記事

  1. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  2. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  3. 【新年の季語】左義長
  4. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  5. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
PAGE TOP