付喪神

  1. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】

    付喪神いま立ちかへる液雨かな秦夕美(『現代俳句文庫83 秦夕美句集』)「付喪神」というのは、不思議な存在である。まず、そもそも神ではない。室町期に成立したとされる物語を絵巻にした『付喪神記』の冒頭に…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  2. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  3. 【冬の季語】冬の月
  4. 七月へ爪はひづめとして育つ 宮崎大地【季語=七月(夏)】
  5. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】十一月
  2. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  3. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  4. 【夏の季語】涼し
  5. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
PAGE TOP