八月

  1. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】

    八月は常なる月ぞ耐へしのべ八田木枯宇多喜代子の「八月の赤子はいまも宙を蹴る」の鑑賞で、「八月」に戦争の文脈を含まない読みを私は未だ読んだことがない。類想の話題にも上がりやすい「八月や六日九日十五日」…

  2. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】

    八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥前登志夫素で…

  3. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】

    直立の八月またも来りけり()小島健作者の深い思いと詩魂が結…

  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#5このコーナーは、気鋭の…

  5. 【秋の季語】八月

    【解説】一年のなかで最も暑く、そして長く感じられる月。学生は夏休みで、自由研究や受験勉強に勤しむこ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  2. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  3. 【冬の季語】縄跳
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  5. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】

Pickup記事

  1. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  3. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】
  4. 【春の季語】引鴨
  5. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
PAGE TOP