前田霧人

  1. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」

    五月雨や龍灯揚る番太郎桃青(芭蕉、六百番発句合)五月雨を海と見立てて、松明を掲げる木戸番を龍灯のようだという。「龍灯」とは海や湖の上に見える怪しい光のことで、陸に揚がっていくように見えるともいい、竜宮からの…

おすすめ記事

  1. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  2. 煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子【季語=艾(春)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  4. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  5. 風邪ごもりかくし置きたる写真見る     安田蚊杖【季語=風邪籠(冬)】

Pickup記事

  1. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  2. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  3. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  4. 【夏の季語】蟇
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
PAGE TOP