土屋幸代

  1. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

    手の甲に子かまきりをり吹きて逃す)土屋幸代(「蒼海14号」より)晩秋に樹の枝に産みつけられた蟷螂の卵は、5月ごろに孵化し、たくさんの子蟷螂が生まれる。子蟷螂はミニチュア蟷螂といった風貌でかわいい。虫…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】水着
  2. 【春の季語】雁帰る
  3. 去年今年貫く棒の如きもの 高浜虚子【季語=去年今年(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒

Pickup記事

  1. 【冬の季語】蓮根掘
  2. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  3. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  4. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
PAGE TOP