坊城俊樹

  1. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】

    鴨が来て池が愉快となりしかな坊城俊樹歳時記によると、「鴨来る」は「鴨渡る」と並んで「初鴨」の傍題だ。秋になると、鴨だけでなく大小さまざまの鳥が北方から渡って来る。白鳥や鷹、雁、鶴といった鳥たちの渡り…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】八手の花
  2. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  3. 【#19】子猫たちのいる場所
  4. 【冬の季語】日短
  5. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】

Pickup記事

  1. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  3. 【#33】台北市の迪化街
  4. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  5. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
PAGE TOP