夏山

  1. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】

    夏山に勅封の大扉あり宇佐美魚目どっしりした句である。大部分が名詞で仕立てられている点からもそう思うし、5・5・7(5・5・5・2と読む人もいるかもしれない)の句またがりで読ませた最後の「あり」が、字…

おすすめ記事

  1. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  2. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  3. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  4. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる
  2. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  3. 【春の季語】素魚
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  5. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
PAGE TOP