多摩

  1. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】

    大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太(「涼夜」五月書房 1977年)大晦日である。現代史に残る事変の続いたこの一年の来し方を思う日にこの句を読むと、「方丈記」の冒頭文のごとく、川の流れから絶えざる…

おすすめ記事

  1. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  2. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  3. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  4. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  5. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】

Pickup記事

  1. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  2. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  3. 【秋の季語】団栗
  4. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】
  5. 兎の目よりもムンクの嫉妬の目 森田智子【季語=兎(冬)】
PAGE TOP