安曇野

  1. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】

    ひよんの実や昨日と違ふ風を見て)高橋安芸長野県俳人協会編『信濃句集』で目を引いた作家として高橋安芸の名も挙げておきたい。 約束のごとし松過ぎ流れ出す 古葦に鳥の目覚めの声みじか…

おすすめ記事

  1. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  3. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  4. 【夏の季語】夏の夢
  5. 【冬の季語】冬立つ

Pickup記事

  1. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  2. 【春の季語】春塵
  3. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
PAGE TOP