島崎寛永

  1. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 

    年迎ふ父に胆石できたまま)島崎寛永(ひろなが)(北海道俳句年鑑2022より)私のコーナーでは、北海道にゆかりのある人物の俳句や北海道の風土を取り上げていければと思う。どんな句を取り上げようか…

おすすめ記事

  1. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  4. 【春の季語】春雪
  5. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】

Pickup記事

  1. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年10月分】
  3. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  4. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  5. 【夏の季語】クーラー
PAGE TOP