恐るべき

  1. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】

    恐るべき八十粒や年の豆相生垣瓜人笑える句である。いくら健啖な八十歳でも、いざ八十粒も食べねばならないとなるときびしかろう。というか、年齢関係なしに八十粒は普通にきびしい。口の中がひどいことに…

おすすめ記事

  1. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  2. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  4. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  5. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  2. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】
  3. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  5. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
PAGE TOP