未来図

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子

    記憶の故郷へ篠崎央子(「未来図」同人)私の生まれ育った村にはまだ「講」といわれる村の集まりが残っていた。「庚申講」とか「月待講」とか。大体、月に1回ほど、村の集会所に集まり、女性達が作った料理に舌鼓を打ちながら、夜…

おすすめ記事

  1. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  2. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  4. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  5. 【#24】愛媛の興居島

Pickup記事

  1. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  2. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  3. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  4. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  5. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
PAGE TOP