林田紀音夫

  1. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫

    ラーメン舌に熱し僕がこんなところに林田紀音夫(『風蝕』1961年)林田紀音夫の第一句集から(引用は福田基編『林田紀音夫全句集』による)。林田の代表作といえば、「鉛筆の遺書ならば忘れ易からむ」(195…

おすすめ記事

  1. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  2. 【秋の季語】新蕎麦
  3. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  4. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  5. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】夕桜
  2. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  4. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
PAGE TOP