溺れる

  1. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】

    誰かまた銀河に溺るる一悲鳴河原枇杷男(『蝶座』)銀河は、織姫と彦星の間に横たわる星の逢瀬の川である。3年前、8月の終わりに長野県の鹿教湯温泉にて見た天の川は、くっきりと川の形状をしており、流れ星も交…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  3. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  4. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  5. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】

Pickup記事

  1. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
  2. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  4. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  5. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】
PAGE TOP