煮し蕗

  1. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】

    煮し蕗の透きとほりたり茎の虚)小澤實煮物の蕗が透き通っている。濃い醤油を使わず、だし汁中心にあっさりと煮上げたと想像した。煮上がった蕗が透き通っているのをみると、初夏だなと実感する。そして下五「茎の…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11
  2. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  5. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】

Pickup記事

  1. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  4. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  5. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
PAGE TOP