1. 七月へ爪はひづめとして育つ 宮崎大地【季語=七月(夏)】

    七月へ爪はひづめとして育つ宮崎大地(『木の子』昭和48年)掲句は宮崎大地(1951〜)の一句。過去に取り上げた郡山淳一と同じく、高柳重信による『俳句研究』誌上の企画「五十句競作」の第一回に関連した作…

  2. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】

    梅咲きぬ温泉(いでゆ)は爪の伸び易き梶井基次郎今年の桜は例…

おすすめ記事

  1. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  2. 【春の季語】雛祭
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  5. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬木の芽
  2. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  4. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  5. 【夏の季語】虹
PAGE TOP