目つぶる

  1. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】

    目つぶりて春を耳嚙む処女同志高篤三(川名大『現代俳句 上』)初出は「句と評論」昭和9年4月号。同性愛を感じさせる句としてよく引用される島津亮「怒らぬから青野でしめる友の首」が昭和31年の作だから、は…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  2. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  5. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】

Pickup記事

  1. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  2. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  3. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  4. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
PAGE TOP