目迫秩父

  1. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】

    汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし目迫めさく秩父(『雪無限』琅玕洞)つい、「野分」を衛星画像の移動する台風のように想像してしまうのだけれど、そんなもののない時代の作品。風を可視化するには、芭蕉「吹き…

おすすめ記事

  1. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  2. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  3. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  4. 【夏の季語】夏至
  5. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】霜柱
  2. 【春の季語】鶯笛
  3. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  4. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  5. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
PAGE TOP