1. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】

    突として西洋にゆく暖炉かな片岡奈王(かたおか・なおう)まさとし))毎年この時期に受ける人間ドックも済んで、思い当たる節のあるひととおりの数値は想定範囲、今年から始まった食事指導でも「赤身を食べよ」と…

おすすめ記事

  1. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  2. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  3. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  4. 自愛の卓ポテトチップは冬のうろこ 鈴木明【季語=冬(冬)】
  5. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】蝸牛
  2. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  3. 【夏の季語】昼寝
  4. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  5. 【冬の季語】寒の内
PAGE TOP