葛城山

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝

    【第33回】葛城山と阿波野青畝広渡敬雄(「沖」「塔の会」)奈良県と大阪府の境の葛城山(959メートル)は、かつては修験道の霊場であった。北に悲運の大津皇子の墓がある二上山、南に楠木正成ゆかりの金剛山…

おすすめ記事

  1. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  2. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  3. 【夏の季語】出梅
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  5. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】二月尽
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  3. 【春の季語】春の塵
  4. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  5. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
PAGE TOP