郵便配達夫

  1. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】

    漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に関根誠子つい先頃まで「春は名のみの」などとメールに認めていたものが、東京地方ときたらあっという間に春めいてきた。パンジー、クリスマスローズなどが家々の庭先を彩り、公園では…

おすすめ記事

  1. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  2. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  3. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】
  4. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  5. 【冬の季語】立冬

Pickup記事

  1. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  4. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
PAGE TOP