郵便

  1. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】

    漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に関根誠子つい先頃まで「春は名のみの」などとメールに認めていたものが、東京地方ときたらあっという間に春めいてきた。パンジー、クリスマスローズなどが家々の庭先を彩り、公園では…

おすすめ記事

  1. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  2. 【秋の季語】台風(颱風)
  3. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  4. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  5. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】

Pickup記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  2. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  3. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  4. 【秋の季語】末枯る
  5. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
PAGE TOP