関根誠子

  1. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】

    漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に関根誠子つい先頃まで「春は名のみの」などとメールに認めていたものが、東京地方ときたらあっという間に春めいてきた。パンジー、クリスマスローズなどが家々の庭先を彩り、公園では…

おすすめ記事

  1. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  3. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  4. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  5. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】

Pickup記事

  1. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
  2. 【夏の季語】薔薇
  3. 【春の季語】復活祭
  4. 【春の季語】菜種梅雨
  5. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
PAGE TOP