響き合う

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

    息触れて初夢ふたつ響きあふ正木ゆう子(『水晶体』) どんなに眠れない夜でも人の寝息を聞いていると眠れることを知ったのは、十歳の頃である。それまで一緒の部屋だった三つ年上の姉が、自分の部屋を持ちたいと…

おすすめ記事

  1. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  3. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】

Pickup記事

  1. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  2. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
  5. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
PAGE TOP