響く

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

    息触れて初夢ふたつ響きあふ正木ゆう子(『水晶体』) どんなに眠れない夜でも人の寝息を聞いていると眠れることを知ったのは、十歳の頃である。それまで一緒の部屋だった三つ年上の姉が、自分の部屋を持ちたいと…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十五日
  2. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  3. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  4. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  5. 動かない方も温められている 芳賀博子

Pickup記事

  1. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  2. 【春の季語】浜下り
  3. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  5. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
PAGE TOP