1. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の頃の電車は突つ走る)波多野爽波『湯呑』前回は星野立子の〈電車いままつしぐらなり桐の花〉について書いたが、今回も、走る電車をモチーフとした初夏の句を取り上げたい。モチーフも季も同じなのに…

おすすめ記事

  1. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  2. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  3. 【冬の季語】鯛焼
  4. 【冬の季語】冬
  5. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  2. 【第10回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:西生ゆかりさん)
  3. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  4. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  5. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
PAGE TOP