1. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】

    橡の実のつぶて颪や豊前坊)杉田久女コロナ禍で私の住む福岡県も緊急事態宣言下の自粛が続いている。その中で県境を越える外出はどことなく後ろめたさもあり、吟行をする所も限られてくる。そこで時折訪れているの…

おすすめ記事

  1. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  2. 【春の季語】野に遊ぶ
  3. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  4. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】

Pickup記事

  1. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太
  2. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  3. 【冬の季語】毛糸
  4. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  5. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
PAGE TOP