1. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(とき)』は草田男が生前に編んだ最後の句集であり、第7句集『美田』の13年後にあたる昭和55年(1980/草田男79歳)に刊行された。内容は『…

おすすめ記事

  1. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  2. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  3. 【冬の季語】春を待つ
  4. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  5. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】

Pickup記事

  1. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  2. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  3. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  5. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
PAGE TOP