麦の穂

  1. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】

    わが畑もおそろかならず麦は穂に篠田悌二郎(秋桜子編「聖戦俳句集」1933年)今、作者名その他の情報を入れずにこの句を読んだとしたら、どう鑑賞されるであろう。趣味の自家菜園で麦を作るというのはあまり聞…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  2. 【秋の季語】鴨来る
  3. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  4. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子

Pickup記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  3. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  4. 【冬の季語】寒木
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
PAGE TOP